少ない漢方薬局の薬剤師求人を探すには

個人経営で独立開業した薬局のデメリット

薬剤師の求人をチェック薬剤師・チカの「これ知っとこ!」:大阪・名古屋の薬剤師求人|キャリア・ポジション

漢方が密かにブーム効率よく求人を探すには個人経営で独立開業した薬局のデメリット

デメリットとしては、個人経営で独立開業した薬局は、閉鎖的なところが多いです。
あまりオープンにしていないので、転職先を見つけづらいです。
また、店主の方針に合わない薬剤師は歓迎されないケースが多いので、その点も注意しておきましょう。
また、気軽に参加できる勉強会や研修が少ないので、スキルアップの機会を見つけにくいです。
どんなに苦労してでもいいから、地道に学んで力をつけていきたいという志が必要です。
メイン業務はカウンセリングと調剤業務になります。
相談は最近ではセルフメディケーションということで、一般のドラッグストアや薬局などでも行われていますが、漢方薬局の相談はさらに詳しく問診票を書いてもらって徹底的に調べます。
このカウンセリングに1時間以上費やす場合もあります。
調剤は生薬の調剤がメインで、エキス製剤を使うのは稀です。
カウンセリングで得たデータを基にして、数ある生薬の中からどれを選んで、どれくらいの割合で調剤していくのかという繊細な作業が求められます。